FC2ブログ
Tree-CATEGORY
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2014 洗足八幡神社祭礼 里神楽
P9074722XZ.jpg

         9/7(日)は東京都大田区洗足八幡神社祭礼にて行われた、岡部社中による江戸里神楽を見に
         行きました。昨年度から気に成っていた場所で、日にちは9月の最初の土日と言う事、又昨年の
         情報ですが日曜2時頃から里神楽有りとの事でした(今年の情報は無し)。多分、時間的には
         同じであろうと言う事で2時頃着く様に出かけると、丁度最初の演目が始まる所でした。着いた時
         には小雨模様でどうなる事かと思いましたが、演目途中から雨は止み、後は終始曇り空。2時から
         夜の8時半頃までたっぷりと里神楽を鑑賞して来ました。      


P9074523XZ.jpg
2:00~2:30 最初の演目は御祓三番叟。

P9074532XZ.jpg
イザナギの尊が黄泉の国の帰り、禊を行い沢山の神々を生む場面。

P9074536XZ.jpg
生まれた中の一人、底筒男神(そこつつのおのみかみ)。

P9074547XZ.jpg

P9074557XZ.jpg

P9074562XZ.jpg
2枚扇の舞。

P9074568XZ.jpg
そして最後に三番叟。

P9074569XZ.jpg

P9074575XZ.jpg

P9074576XZ.jpg
いずれも舞台清めの舞です。


P9074673XZ.jpg
3:30~4:10 稲荷山

P9074676XZ.jpg

P9074690XZ.jpg
稲荷大神弓の舞。

P9074694XZ.jpg

P9074699XZ.jpg

P9074700XZ.jpg
天狐の舞。

P9074712XZ.jpg

P9074718XZ.jpg
続いて紀千箭(ちのり)登場。

P9074725XZ.jpg
千箭登場バージョンは始めて見ます。

P9074731XZ.jpg
弓を渡し、鬼退治を頼みます。

P9074735XZ.jpg

P9074740XZ.jpg

P9074745XZ.jpg
鬼退治に出かける千箭。この後は悪鬼退治かと思いましたが・・。


P9074768XZ.jpg
5:00~5:30 高天原神集

P9074780XZ.jpg
高木の神と従者。

P9074795XZ.jpg
天若比古命(あめのわかひこのみこと)登場。

P9074801XZ.jpg
高木の神は従者の持って来た弓を天若比古命に託し、葦原中つ国(地上・日本)の平定を命じます。

P9074805XZ.jpg

P9074808XZ.jpg

P9074815XZ.jpg
弓を持ち中つ国に向かう天若比古命。さて今回の神集いで
出て来たのは、天若比古命のみでした。と言う事で次の演目が
この人が主役を勤める天之返し矢と言う事に成って来るようです。

当初はここで退散予定でしたが、演目が天之返し矢と聞いては帰るわけにいきません(汗)。
この後、神輿宮入等もあり、次の始まりまでは2時間ほどありましたが、じっと待つ事にしました。


P9074847XZ.jpg
7:30~8:20 天之返し矢。現在中つ国を治める大国主神。

P9074849XZ.jpg
娘の下照姫(したてるひめ)。

P9074859XZ.jpg
そして従者のおかめ(天佐具賣(あまのさぐめ)の代役か)。

P9074862XZ.jpg
天の使いがやってくる事への会議?。

P9074863XZ.jpg
屋敷内を掃除等して。

P9074871XZ.jpg
天若比古命登場。

P9074877XZ.jpg

P9074883XZ.jpg
国(中つ国)を譲れ、譲らんの押し問答。

P9074887XZ.jpg

P9074894XZ.jpg

P9074897XZ.jpg
何度いっても大国主神は聞き入れません。それを慰める下照姫とおかめ。

P9074908XZ.jpg
そうこうしている内に、若比古命と下照姫は仲良くなりやがて結ばれる事に。

P9074914XZ.jpg

P9074918XZ.jpg
その後すっかり地上の暮らしに慣れしたんだ若比古命でしたが・・。

P9074921XZ.jpg
あまりに帰りが遅いので、天から使い(雉(きぎし)の鳴女(なきめ))がやって来ました。

P9074923XZ.jpg

P9074929XZ.jpg
鳴女は中々天に帰らない若比古命を問い詰めます。

P9074930XZ.jpg
窮した若比古命は鳴女に向かって矢を放つ。

P9074931XZ.jpg
矢は鳴女に当たりましたが、その矢を投げ返され若比古命に命中・・。双方が傷つき倒れ、場が終了と成ります。

(実際のお話しでは・・鳴女を貫いた矢は天に届き、その矢を見た高木の神が”天若日子に
邪心あれば、この矢に当たれ”と投げ返した。その矢は見事若比古命に命中・・と成りますが、
それを実際の場面にするのは難しいので、この様な形にしたのかな、とも思います)

P9074938XZ.jpg
最後におかめとひょっとこが色々な道具を使って、おかしみの場面を作ります。

P9074944XZ.jpg


動画編。①御祓三番叟より②稲荷山より③神輿宮入

        この後も(休憩を挟んで)まだ神楽をやるようでしたが、流石にここで見学終了としました。ここは
        幕間が約1時間と短めなので、矢継ぎ早に見れる感じで助かります。幕間が長いと、どうしても
        手持ち無沙汰になるので・・。又演目の終わりに次の演目を言うのも中々ユニークな感じでした。 
        後、神楽の最初や最中に解説が入りますが、それほど多くは無く必要箇所のみと言った感じです。
        お囃子は迫力があり、且つ切れるのあるリズムで神楽囃子を久しぶりにたっぷりと堪能出来ました。
江戸里神楽 | 【2014-09-09(Tue) 23:15:38】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

とある社中さんの返し矢を見たことがあります。
演出として鳴女射ると鳴女はバサバサと退散。橋掛かりの向こうに高天原の神が(やましき心を持つならば云々の)唱え事をした後投げ返す場面がありました。
天若彦は黄泉に旅立ち、下照姫が天冠をとり四方を祓い清め供養します。

高天原の神は少し出るばかりなので省略されやすいようです。
2014-09-10 水 00:24:48 | URL | 切羽 #JpQ1MnmI [ 編集]
なるほどそういう風に演じられている社中さんもあるんですね。
(個人的には)その方がしっくり来るかなとも思いますが、
人員や場所等色々な問題が有るのかもしれません。

ただ社中さんによって色々な演じ方があり、その違いを見るのも楽しみの一つなので
どこかで又違う天之返し矢に巡り合えるのを、楽しみに待ちたいとも思っています。

コメントありがとうございました。
2014-09-10 水 21:52:47 | URL | 山車神楽 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

山車神楽

Author:山車神楽

今日の日付入りカレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
江戸里神楽演目別
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。