FC2ブログ
Tree-CATEGORY
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
2010 南荻窪天祖神社 里神楽 
P1020723.jpg

        10月15日(金)杉並区南荻窪の天祖神社において、石山社中による庭燎神楽(かがりびかぐら)が
        催されたので出かけて見ました。開始予定の6時少し前に到着すると、神楽殿の前にはテント屋根の
        下に100席程の椅子が用意されていました。いつもですと撮影する為に席の後ろに立つのですが、 
        それだとかなり後ろになってしまうので(幸い一番前の席が空いていたことも有り)今回は座る事に。
         
        6時開始。神楽囃子(幣神楽)の後、最初の演目は高天原神集(たかまがはらかみつどい)でした。
        国譲り神話の中で、高天原の神々は葦原中国を統治する為に使者を選び、派遣する事にします。   
        今回はその場面を神楽化したものです。(TZ7)  

P1020804.jpg
7時から幽顕分界。



高天原神集

P1020728.jpg
右が神々の代表、高木神(たかぎのかみ)と思われます。

P1020732.jpg
既に天之菩比命(あめのほひのみこと)と天若比古命(あめのわかひこのみこと)を使者として
派遣しましたが、成果が思わしくないので3番目の使者として建御雷命(たけみかずちのみ)を選びます。

P1020735.jpg
建御雷命登場。

P1020737.jpg
高木神は建御雷命に、使者として葦原中国に向かうように依頼します。

P1020739.jpg
建御雷命はそれを受諾。

P1020743.jpg
従者が舞を見せます。

P1020749.jpg
続いて高木神から剣を受け取った建御雷命が、地上へと向かいます。

P1020751.jpg
剣を持っての舞。

P1020727.jpg
最後に高木神と従者が退出して幕となります。

       時間にすると約20分程ですが、旅立つ前の重々しい雰囲気があって中々見応えのある演目でした。
       直途中で扇子を使った従者の踊りがありますが、扇子がひらひらと宙を舞うような感じで・・かなり
       見応えがありました。   

       PS この演目ですが各社中の解説を見ると天之菩比命、天若比古命の二人が登場する物や又3人共
       出てくる物など、その時々で多少変わるようです。今回は次の演目が幽顕分界なので、それに合わせて
       建御雷命のみの登場にしたのかも知れませんね。
 


          30分程休憩後、7時頃始まった演目は幽顕分界(ゆうけんぶんかい)でした。国譲り3部作の
          最終編で取手で一度見ていますが、今回は大国主命とのやりとりや建御雷命と建御名方命が
          相撲をとる場面などが追加されていて、やや拡大版と言った所でしょうか。

P1020759.jpg
大国主命(おおくにぬしのみこと)。

P1020761.jpg
建御雷命(たけみかずちのみこと)が登場。

P1020765.jpg
自分は高天原の使者である事を告げます。

P1020767.jpg
葦原中国は、本来高天原の天津神のものであるから返還するようにと説得。

P1020772.jpg
渋る大国主命を重ねて説得しますが、中々受け入れません。

P1020777.jpg
止む終えず武力交渉。

P1020780.jpg
さすがの大国主命もこれにはかなわず、負けを認めます。

P1020793.jpg
ここで大国主命の息子である武御名方命(たけみなかたのみこと)が登場。
大国主命は後の事を息子に託し、この場を去ります。

P1020798.jpg
新たに武御名方命と交渉開始。

P1020812.jpg
武御名方命は力比べでの勝負を挑みますが

P1020823.jpg
あえなく負けてしまいます。

P1020824.jpg
今度は相撲にて勝負。

P1020825.jpg
これもあっけなく倒され

P1020835.jpg
ついには剣を抜きはなちます。

P1020838.jpg
最後の剣の勝負にも敗れた武御名方命は国譲りを承諾し、
諏訪の地へ立ち去り2度とそこから出ないことを誓います。

         と言う事で約45分程、見応えたっぷりの幽顕分界でした。解説の紙にも書いてありましたが、
         今回相撲を取る場面を特別に入れているそうです。これは建御雷命、武御名方命の力比べが
         相撲の起源とされる説に拠るもとの思われます。

         直、休憩の間に神楽殿の前に簡易スクリーンを張って伊勢神宮と神々と言った趣のスライドが
         場繋ぎ?として上映されました。内容はともかくも(いや、まあまあ面白かったです(汗))
         こう言うのは初めてで、その心使いに感謝です。
   


            幽顕分界の終わった10分後、場を清める為として山神が舞われました。舞だけなので
            特に解説はありませんが、最後には餅がまかれました。直動きが激しく写真的には
            ほぼ全滅。何とか見れそうな2枚のみ掲載して置きます。   

P1020846.jpg


P1020850.jpg


IMG12.jpg
今回も演目の紙を頂けました。


より大きな地図で 東京神楽 を表示
江戸里神楽 | 【2010-10-22(Fri) 22:34:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お知らせ

山車神楽

Author:山車神楽

今日の日付入りカレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
江戸里神楽演目別
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR